2.信州CX白樺湖

f:id:gonda555:20161027200203j:image

 

時系列前後しますが、アジア大学選手権とジャパンカップのレポートより先にこちらをアップさせていただきます。

f:id:gonda555:20161027194945j:image

 

2戦目の舞台となるのは標高1600mを超える空気の薄いスキー場に特設されたコースです。

スキー場の傾斜を横に突っ切るストレートの他は、短く傾斜のきついアップダウンを繰り返すレイアウト。

 

まずは朝一の試走。
前日までいたジャパンカップの宇都宮の熱気とは一転してかなり冷え込んだ白樺湖
前評判通りの寒さで、着込んで行ったのに寒い!笑
5℃って言ってたけどもっと寒かったような気がします。。。

 

ひとまず走り出し、基本的に芝の路面メインですが、かなり凸凹があります。加えてゴロゴロした石の上を走る区間もあり、「あ、信州シクロクロスにきたな〜」という印象です(笑)

 

というのも、まず第一にパワー、そこに凸凹路面で振動を体に響かせないためのケイデンス・石路面でのトラクションの掛け方などのテクニック面も必要になってきます。
信州シクロクロスは、比較的どのコースでもこんな感じで絶妙なレイアウトだなと感じます。

ただ闇雲に踏むだけじゃ後半たれて勝てない!
ん〜シクロクロスは奥が深い…(笑)

 

と、少し話が飛びましたが、そんな感想を覚えました。
空気圧のセッティングはとりあえず低めにしようと思ったのですが、低すぎると下りのコーナーでタイヤがよじれて、コーナリングスピードが遅くなったので、跳ねないギリギリ、前後1.7でいくことに。

 

昼間の試走でもほぼコースコンディションは変わらず、コースのライン取りだけ確認して、あとはアップを兼ねてグルグルしてました。

 

f:id:gonda555:20161027200353j:image

 

レーススタート前、暖かくなるどころか冷え込んでいるのではという寒さ。

スタート時間が10分遅れたのでギリギリまで走ってスタートコールへ向かいます。

スタートは3列目から。

スタート直後から緩い登り→右コーナーですが、ガツンとイン差しして立ち上がりで前上がっていこうと決めて3列目の1番右側に並びました。

 

f:id:gonda555:20161027200447j:image

f:id:gonda555:20161027200506j:image

 

そしてレーススタート

2列目、自分の前にマイルポスト國井選手。若干左にそれた瞬間に右からスッと前に出ることができました。
1コーナーで臆することなくインから突っ込み、なんとか5番手あたりまでジャンプアップ。

 

f:id:gonda555:20161027200553j:image

 

ここで先頭パックが出来るからそこで展開しようと思って走行してたのですが….あれれ…キツイ….。
置いていかれました。
一呼吸置いて追走しようと思うも、離されていきます….。これはあかん!!宙ぶらりん状態。
やっちゃいけないやつです。
そのまま先頭パック乗っていければ…楽になるのに…分かっているけどカラダは正直だな( ´_`)

 

f:id:gonda555:20161027200700j:image

 

ここから我慢の展開です。
3周目あたりでセカンドパックで走ってましたが、ペースが皆まばら、さらに得意不得意箇所もバラバラでスピードが上がりません。

しかも心拍半端なくキツイし…階段での担ぎからの乗車→立ち上がり区間なんか、次最終ラップなのか!?と思うくらいみんなヘロヘロです(笑)
あと「6」の周回盤を見たときは唖然٩( ᐛ )و

自分もガクッと脚にきてしまい、10番手くらいまで後退してしまいました。

 

f:id:gonda555:20161027200756j:image

 

レース中盤、弱ペの織田選手・SNEL中村選手・LEOMOベルマーレ中里選手と合流。

比較的ペースが揃っており、徐々に前との差が詰まっていきます。

茨城の走りを見て、中里選手の後半のペースメイクはスゴくうまいなと感じていたので、後ろについて同じペースでついていきます。

 

f:id:gonda555:20161027200851j:image

f:id:gonda555:20161027200824j:image

 

終盤戦まで同じメンツで行きますが、ラスト2周に入ったあたりで織田・中里両選手が抜け出し、それにつければよかったものの、それにもついていけない(´-ι_-`)

 

f:id:gonda555:20161027200917j:image

 

中村選手にも離されますが、ラスト1周、絶対中村選手だけは抜いてやると死ぬ気で踏みまして、なんとか最後で抜いてゴールしました。

結果8位フィニッシュとなりました。

 

f:id:gonda555:20161027200946j:image

f:id:gonda555:20161027200954j:image

 

ジャパンカップの疲れが残っていたという言い訳はあまり言いたくありませんが、とりあえずレース終了後ぶっ倒れました…きつかった!

それを物語る顔がすごいことに(笑)

 

ここ最近のレースを走って思うのは、スタートループから先頭パック形成までに余裕がないことです。
正直、インカレが終わって少しホッとしてしまい練習量が減ったのは否めません。
ここで引き締め直して、また更に練習したいと思います。
寒い中、たくさんの応援・写真撮影ありがとうございました!

 

(余談ですが、父が海外出張中のため、ピンチヒッターとして運転手を務めてもらう予定だった母、あまりの寒さに帰りに体調を崩してしまい自分がフルで運転、その後結局自分も体調を崩しました…w 白樺湖おそるべし。)

 

次戦、UCIレースである東北CXproject寒河江ステージです!

 

風景写真を除く全ての写真は Tanne Momikoさん撮影です。ありがとうございますm(__)m